Login In Real Options Valuation,Inc
User Name
:

Password
:

    

Not Registered yet? Register

よくある質問とトラブルシューティング・ガイド

You can also visit our mirror download site if you have problems downloading from this page インストールビデオとトラブルシューティングビデオをご覧ください:

ソフトウェア・アプリケーションについての他の導入ビデオには、弊社のDownload サイトにアクセスしてください。
リスクシミュレーターのよくある質問と答え

You can download the Risk Simulator HELPFUL TIPS & TECHNIQUES for additional helpful hints to effectively use the software.

  1. リスクシミュレーターをインストールする為のシステムの必須構成はどれですか?
    必要システム条件:
    Windows XP, Vista (32 と 64 bit)、または、 Windows 7 (32 と 64 bit)
    Microsoft Excel XP, 2003, 2007、または、 2010 (32 bit)
    最小1GB のRAMメモリー(最小2 GBがお勧め)
    350 MB のハードドライブ・スペース
    ソフトウェアをインストールする為の管理者特権
    Microsoft .NET Framework 2.0, 3.0, 3.5、または、それ以降。
    MAC OS ユーザーは、ブートキャンプ、バーチャル・マシーン、あるいはパラレルでソフトウェアを起動することができます。
    弊社の Troubleshooter ツールを使用して、システム構成が必要条件をすべて満たしているかどうかを確認してください。

  2. ソフトウェアをどうインストールすればいいですか?
    ソフトウェアをインストールする為の管理人権利を持っていることと、お客様のシステムが上記に記述されている必要システム構成を満たしている、または、それを上回っていることを確認してください(上記の項目1を参照)。また、.NET Framework 2.0, 3.0, 3.5、または、それ以降がすでにコンピューターにインストールされていることを確認してください。次に体験版、あるいは、完全版をダウンロードし、exe ファイルをダブルクリックし、指示ガイドを辿ってください。リスクシミュレーターの新版をインストールする前にまず、旧版すべてをアンインストールしてください。

  3. 体験版はどのくらい使用できますか?
    体験版の有効使用期間は、ライセンスが切れるまでの10日間です。お客様が完全版のご購入、あるいは、体験版の延長を請求して弊社まで連絡を取るまでソフトウェアが使用できなくなります(弊社までリスクシミュレーターをインストールしたコンピューターのハードウェアIDを送信していただく必要があります)。

  4. 購入した新ライセンスの取得とインストール方法は?
    リスクシミュレーターをインストールし、Excelを起動してRisk Simulator 、License と選択すると、お客様のコンピューターのみの16桁から20桁のHardware ID が表示されます(弊社では、お客様のコンピューターのハードウェア・コンポネントの5つから8つのシリアル番号を生成し、弊社の暗号化アルゴリズムを使用してお客様のための単独IDを生成します)。 お客様のコンピューターの11桁~20桁のハードウェアIDをadmin@realoptionsvaluation.com にメールしてください)。永久使用ライセンスのファイルが添付されたメールを弊社から返答します。ファイルをハードドライブに保存し、Excelを起動して、Risk Simulator、ライセンス、ライセンスのインストールをクリックし、ライセンスファイルの配置場所を指定してください。その後、Excel を再起動すれば、永久使用ライセンスが解除されます。

  5. リスクシミュレーターは、インターナショナル・オペレーティング・システムで作動しますか?
    Risk Simulator 2012は、他国のオペレーティング・システムで完全に作動します。ちなみにRisk Simulator 2012 とReal Options SLS 2012は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、簡体字、繁体字で使用できます!

  6. どうしてExcelを起動すると前のようにRisk Simulatorが起動しないんですか?
    時々、Excelがフリーズしたり、破損したExcelファイルを開いた為にエラーが発生したり、コンピューターが不安定な場合、Excelは、自動的にすべてのアドインを無効にします。時々、ハードな無効であったり(深刻な問題)、ソフトな無効(そんなに深刻ではない問題)だったりします。これは、Excelのセキュリティー問題であり、リスクシミュレーター・ソフトウェアの問題ではありません。Risk Simulator Troubleshooter Tool をダウンロードして、実行し、すべてを修正を選択し、Excel の全ての問題を修正する他、システムの診断を実行することができます。また、下記で記述されているようにこれらの修正を手動的に実行することができます。
    Microsoft Office 2003アプリケーションによってハードな無効のアドインを再有効にするには、ヘルプメニューのMicrosoft Officeについて、アイテムの無効、リスクシミュレーターの為のmscoree.dll アドインを選択し、有効をクリックします。
    Excel 2007/2010によってハードな無効のアドインを再有効にするには、Excel 2007/2010のMicrosoft Officeボタン(Excel上画面の左端)を選択し、Excelオプション、アドインを選択します。画面下の一覧ボックスを動かし、無効のアイテムを選択して実行をクリックします。リスクシミュレーターを選択して有効をクリックします。そのあとに画面を閉じます。
    Excel 2007/2010によってソフトな無効のアドインを再有効にするには、Excel 2007/2010のMicrosoft Officeボタン(Excel上画面の左端)を選択し、Excelオプション、アドインを選択します。画面下の一覧ボックスを動かし、COM アドイン、実行をクリックします。COM アドイン・ダイアログ・ボックスでは、リスクシミュレーターの無効アドインの隣にあるボックスをチェックし、OKをクリックしてください。
    Excel 2003によってソフトな無効のアドインを最有効にするには、ビュー・メニューのツールバー、カスタム化を選択します。コマンド表を選択し、カテゴリーボックスでツールを選択します。コマンドボックスでは、COM アドインを選択し、ツールバーへ引きずり、閉めるを選択します。ツールバーでは、COM アドインを選択し、リスクシミュレーターの無効な委員アドインの隣にあるボックスをチェックし、OKをクリックしてください。
    Excelの設定でExcelに関連する全てを無効にするようには、セキュリティを強くしなければいけません。Excel 2003 、あるいは、Excel XPでこれを修正するには、Excelを起動し、ツール、マクロ、セキュリティ、信頼できる出版を選択し、"インストールされたすべてのアドインとテンプレートを信頼する"を選択したことを確認してからExcelを再起動してください。Excel 2007/2010でこれを修正するには、Excelを起動し、OFFICEアイコン(上画面の左端)を選択し、Excel オプション、センターの信頼、センター設定の信頼、アドイン、を選択し、すべての3つのオプションのボックスのチェックを取り外し、Excelを再起動してください。
    また、他にもリスクシミュレーターがExcelと一緒に起動しない理由があります。これは、インストールされたアドインが多すぎるときに起こり、それらのどれかがExcelの起動に支障を犯しているからです。例えば、Excelインストール履歴を表示し、Excel.exe.configと言うファイルを見つけてみてください。これは:

    Excel XP C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE10\EXCEL.EXE.config
    Excel 2003: C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\EXCEL.EXE.config
    Excel 2007: C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE12\EXCEL.EXE.config
    Excel 2010: C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE14\EXCEL.EXE.config

    もし見つかれば、それは、ソフトウェアのアドインがExcelに支障を犯したことを意味します。このファイルのバックアップをいくつかの場所に行い、このファイルをOfficeフォルダーから削除することをお勧めします。その後、リスクシミュレーターをアンインストールし、再インストールしたら正常に起動するはずです。Excelに変更がある為、ソフトウェアをアンインストールし、再インストールする必要があるわけです。

  7. XLSファイルをダブルクリックしても時々RSが起動しないのは、どうでしてですか?
    これは、いくつかのソフトウェアが(例、Microsoft Outlookの自動プレビュー)表示されないExcelインスタンス・ホステージを持っているからです(よって、メールのXLS添付を自動プレビューするためにExcelを素早く起動します)。また、Outlookで自動プレビューを無効にすることができます。Excelを起動して、ファイル、開くを選択し、XLS ファイルをダブルクリックしないでXLS ファイルを開きます。Excelが完全に閉じたことを確認してから、Ctrl+Alt+Delete で表示されないExcelインスタンスを強制的に終了させます(プロセス表では、Excel、過程の終了を選択します)。

  8. システム時刻エラーが表示されるのは、どうしてですか?
    残念です! このエラーは、10日間の有効使用期間が過ぎ、システムの時刻を戻してソフトウェアの使用を継続使用とすると表示されます。ソフトウェアは、時刻が変更された事をしっかり確認できるようになっています。引き続き、使用するには、弊社の永久ライセンスをご購入の際に、弊社から問題解決とソフトウェアを永久にロック解除するためのライセンスを送信します。

  9. 問題解決
    WIN7 とVistaでは、ユーザーは、普通の画像解像度の変更だけではなく、画面解像度を“ズームイン/アウト”で変更できます。画像解像度を変更すると、普通のアプローチは(例、1280 x 800 から1080 x 680) 、ROV ソフトウェアの見た目と感じには影響しませんが、ズーム機能を使用すると、画面の形状に(これは、すべてのソフトウェアで見られますが、Windowsは、これを説明した警告メッセージを表示していません)影響が見られます。最初の2つの例がこのズームの影響を表示しています。
    解決:スタート > コントロール・パネル > 画面表示とカスタム化 > 表示するをクリックすると、ユーザーインターフェース(下記の3つ目の形状を参照)が表示されます。画面サイズを“最小100% (デフォルト)”に戻し、ログオフ、ログオンをし直し、変更を有効にすると、RS/SLSソフトウェアが正常にそして、正確に表示されます。

  10. Kaspersky Antivirus とインターネット・セキュリティ 2010
    Kaspersky インターネット・セキュリティ・ソフトウェアは、時々、リスクシミュレーター・ツールの適切な作動を妨げます。目印として、予測法を実行する際、また、レポート作成が可能でないときにエラーメッセージが表示されます。この問題は、Kasperskyでとても簡単な設定を行うだけで修正できます。詳細には、Click here to download a more detail instructions fileをクリックしてください。 Excelを開き、実行したままで、スタート・プログラムから、または、画面の右下のアイコンをダブルクリックしてKaspersky Internet Antivirus を起動します。 次の指示を行ってください: 保護 >> システムとアプリケーション >> アプリケーション・コントロール >> オプション: 警告と排除>> 排除: 設定… >> 信頼アプリケーション>> 追加>>ここにMicrosoft Excelを追加する* >> モニター・アプリケーション活動オプションの選択が外れていることを確認してください。 * アプリケーション >> Microsoft Excelを選択、または、C:\Program Files\Microsoft Office \OfficeX\Excel.exe というExcel.exeをプログラム・ロケーションから検索してください。



リアルオプションSLS ソフトウェアのインストール方法 (Top)

  1. リアルオプションSLSをインストールする為の必要システム構成はどれですか?
    システム必要条件:
    Windows XP, Vista (32 と 64 bit)、または、Windows 7 (32 と 64 bit)
    Microsoft Excel XP, 2003, 2007、または、 2010 (32 bit と 64 bit)
    最小1GBの RAMメモリー(最小2 GBがお勧め)
    100 MBのハードドライブ
    ソフトウェアをインストールする為の管理者権利
    Microsoft .NET Framework 2.0, 3.0, 3.5、または、それ以降
    MAC OS ユーザーは、Microsoft Excel を実行するバーチャル・マシーンかパラレルのどちらかが必要です。

  2. システム時刻エラーが表示されるのは、どうしてですか?
    残念です! このエラーは、10日間の有効使用期間が過ぎ、システムの時刻を戻してソフトウェアの使用を継続使用とすると表示されます。ソフトウェアは、時刻が変更された事をしっかり確認できるようになっています。引き続き、使用するには、弊社の永久ライセンスをご購入の際に、弊社から問題解決とソフトウェアを永久にロック解除するためのライセンスを送信します。

  3. リアルオプションSLSは、他国のコンピューターで作動しますか?
    はい、1つだけ条件があります。地域設定を英語(アメリカが州国)荷設定することです。これは、まずはじめに、Excelを閉じ、スタート、コントロール・パネル、地域と言語オプション、英語(アメリカが州国)を選択します。その後、リアルオプションSLSを再起動してください。正確に、そして有効に作動するはずです。



弊社のリターン・ポリシー(Top)
  1. ソフトウェアのリターン・ポリシーとは何ですか?
    弊社では、製品を一度開けたら返品は受け付けないという一般的なリターンポリシーがあります。例えば、CompUSA, Fry's, Best Buyなどでいつでも買えるソフトウェアをご購入された場合、ソフトウェアボックスを一度開けたら、返品はできません。理由として、返品前にソフトウェアの違法な複製やソフトウェアを既にコンピューターにインストールしていないという保証がない為です。この様なリスクを減らすために弊社では、まずお客様に体験版 を ダウンロードしていただき、内容を確認していただき、最後にご購入の決意をしていただく事をお勧めしています。お客様が最初に体験版を試行しないと判断した場合、弊社は責任を一切取りません(適応性、インストール、互換性などの他の評価問題のため)。また、リスクシミュレーターは、まずソフトウェアをインストールし、機能が全て作動してからでないとライセンスがインストールできません(これは、ソフトウェアのインストールを行い、全ての機能が作動してからでないと、弊社にハードウェアIDが送信できず、そうすると、弊社はお客様にライセンスファイルが送信できないということになります)。 従って、30日間の試行期間が事前にある為、ソフトウェアが起動しないという理由はすぐに却下されます。繰り返しますが、一度永久ライセンスを取得したソフトウェアは、返品できません。これは、最終的にご購入されたということに変わりはなく、ボックスを開け、出したと同じように解釈されます。

  2. トレーニングDVDのリターンポリシーはどれですか?
    トレーニングDVDは、ソフトウェアと同じリターンポリシーが適応されます(上記の項目1を参照)。これは、知識が与えられた後に、一度与えられた知識を返却できないからです。すべての販売は、ご購入後、返品は受け付けていません。但し、弊社は、トレーニングDVDの不良な部分の交換は喜んで行います。また、弊社のsample getting started videos にアクセスしてトレーニングDVDの導入ビデオのサンプルをご覧になってから、ご購入の判断を行ってください。