Login In Real Options Valuation,Inc
User Name
:

Password
:

    

Not Registered yet? Register

リスク・マネージメント (CRM)資格認定セミナーとリアルオプションとリスク分析シミュレーション・トレーニングコース

Click here for DIRECTIONS to training locations and hotels in the area

リスクマネージメント(CRM)資格認定セミナー・スケジュールとロケーション

You can also visit our mirror download site if you have problems downloading from this page
セミナー・スケージュールとロケーション
Nov 7-8, 2006 - San Francisco
Nov 9-10, 2006 - San Francisco
Dec 12-13, 2006 - Mexico City
Dec 14-15, 2006 - Mexico City
Jan 23-24, 2007 - Singapore
Jan 25-26, 2007 - Singapore
Feb 20-21, 2007 - San Francisco
Feb 22-23, 2007 - San Francisco
Mar 9-10, 2007 - Hong Kong
Mar 16-17, 2007 - Hong Kong
Jun 26-27, 2007 - San Francisco
Jun 28-29, 2007 - San Francisco
Nov 13-14, 2007 - San Francisco
Nov 13-16, 2007 - San Francisco
Dec 12-15, 2007 - Mexico City
Jan 23-26, 2008 - Singapore
Feb 20-23, 2008 - San Francisco
Mar 9-10 & 16-17, 2008 - Hong Kong
Jun 26-29, 2009 - San Francisco
Oct, 2009 - Bogota, Colombia
Oct, 2009 - Caracas, Venezuela
Nov, 2009 - Lima, Peru
Nov, 2009 - San Francisco
Jan, 2010 - San Diego
Feb, 2010 - Hong Kong
Mar, 2010 - Quantico, Virginia
Apr, 2010 - Dahlgren, Virginia
Apr, 2010 - Caracas, Venezuela
May, 2010 - Bogota, Colombia
Jun, 2010 - Santiago, Chile
Aug, 2010 - Lima, Peru
Sep, 2010 - Mexico City, Mexico
Oct, 2010 - Caracas, Venezuela
Nov, 2010 - Bogota, Colombia
Jan, 2011 - Hong Kong
Feb, 2011 - New York
April, 2011 - Sao Paolo, Brazil
June, 2011 - Caracas, Venezuela
Aug, 2011 - Bogota, Colombia
TBD, 2011 - Monterey, California

リスクマネージメントの資格認定(CRM)

このコースは、4日間に渡って実施され、リスク分析に関する科目と分析家コースには、リアルオプションが学べます。 詳細には、弊社のCRM information page にアクセスしてください。

リスク分析コース 分析家向けのリアル・オプション 上級管理職向けのリアル・オプション
分析ツール
リアル・オプションの基本(SLS ソフトウェア)
予測法(リスクシミュレーター)
モンテカルロ・シミュレーション(リスク・シミュレーター)
最適化法(リスク・シミュレーター)
リアル・オプションの基本
SLSソフトウェアの基本導入
基本オプションのフレーミング法
リアル・オプションの基本
リアル・オプションを使用した戦略的な決定判断の仕方
戦略オプションのフレーミング
オプション結果の解釈

ストック・オプションの評価
2004年改訂の財務会計基準書第123号に基づいたストック・オプション評価の為のESOツールキット・ソフトウェアで2項式格子の応用

カスタム化されたセミナー
各企業のニーズに対応したカスタム化されたコース

弊社のトレーニングセミナーを受けた企業の一覧:

3M, Accenture, AIG, Allstate Insurance, Airbus, Alexion, Aquiva Trading, AT&T, Boeing, Chevron Texaco, Duke Energy, Eli Lily, GE, GE Capital, Glaxo SmithKline, Intel, Johnson & Johnson, Lloyds Bank, Motorola, Phillips, Pioneer, Roche Molecular Diagnostics, Seagate, Schlumberger, Shell, Sprint, Sunoco, Syngenta, Timken, Total Elf Fina, Washington Gasなど他!

“ジョナサン・マン博士は、とても優れた精力的なインストラクターであり、最も複雑な主題でも理解しやすく、そして実践的な方法で解説してくれます。長年の個人経験の中でも確実に最高のインストラクターだと評価します。”
Curtis C., 財務とビジネス開発のディレクター、GE、GE Money(アジア)

“ジョナサン・マン博士は、とても複雑で技術的、そして挑戦的な概要を取り上げ、分かりやすく言葉で解説し、現実的な挑戦や、ビジネス環境の改革の応用を可能にしてくれます。間違いなく私が経験してきたセミナーの中で一番であり、私は、マン博士を分野のトップだと宣言します。”
Robert Finocchiaro, Ph.D., R&Dサービス企業のディレクター, The 3M Company (アメリカ合衆国)

“素晴しいプレゼンテーションです!参加するべきです! 私の経験上では、こんなに最高なコスト/オプション/リスク討論が含まれたセッションは今まで見たことがありません。新しい海軍将官のグループはみんな参加するべきです。このセッションは、素晴しかったです。我々は、1秒も目を離しませんでした–最高のプレゼンたーです。より最適な意思決定を行う為のシニアリーダー向けへのツールの説明とプレゼンを行いました。マン博士は、“Real Options”について物凄いやる気と熱意を持っています。分かり易い理解の為に堅実な現実の実践的な例証が含まれています。聴衆として考えさせられます。とても良い現実的な例証が含まれています。とにかく、実に素晴しい!”
-米国海軍大学院の士官や大佐の引用から(アメリカ合衆国)

“ジョナサン・マン博士は、学習アプローチと教授教材の両方を上手に組み合わせて含み、私たちがリスクを解りやすく管理するにはどの様にすればいいのかの認知概要を変えてくれます。ビジネスの先行きが意思決定に注意が置かれてから、ジョナサン・マン博士が使用するアプローチは、企業の継続サポートの為の最も効率的なメカニズムの一つです。” Kenneth English, 新技術のディレクター、 The Timken Company (アメリカ合衆国)

“ジョナサン・マン博士は、世界中の財務・金融とビジネスの歴史上、定量化リス分析の最も優れた教授の中の1人です。彼の書物はすべて科学、芸術、直感、独創性などが含まれている他、不確実性と直面した時にビジネスの正しい意思決定の取り方と技法についての明確さ、実践性と分かりやすいので驚きました。高度な分析モデルは、分野上では、今まで出版されたことのない200(!!)種類以上の幅広いリスクモデルが詰まった宝庫が含まれています。この本でのリスクモデルの実践的な適応は、まったく新しい物で、我々をこの先虜にしてしまうと思います!”
Brian W., 最高リスク管理責任者と最高財務管理責任者, GECC (アメリカ合衆国 )

“独自の分野の経験の視点から私達の殆どがリアルオプションに到達します。マン博士の絶妙な技能とこの本がリアルオプション分析を解りやすく、そして重要にしている事によって、分野には関わらず直ぐに応用できます。”
Robert Fourt, パートナー, Gerald Eve (イギリス)

“概念の説明に現実的な例証を使用します。マン博士は、分野の深い知識を持っており、参加者にその知識を伝える能力を持っています。”
Tim M., 海軍大佐, アメリカ合衆国の国防総省(アメリカ合衆国)

“インストラクターの深い知識とコンピューターを使用した実習のハンズオン・アプローチの指導能力は、素晴しいです。”
Debra G., クレジット分析家, ドミニカの国立銀行 (カリビアン)

“教材と簡単な理解が素晴しい説明と例証を可能にしました。”
Mark R., 教授, 海軍大学 (アメリカ合衆国)

“複雑な課題の素晴しい提供です。マン博士は、クラス全員が頻繁に参加するように心がけていました。”
Lou O., シニアプロジェクト・マネージャー, Adaptec (アメリカ合衆国)

“自分の仕事にはとても貴重な素晴しい幅広い課題と素晴しいプレゼンでした”
Chris L., プロジェクト・サービスのディレクター, Genentech (アメリカ合衆国)

“素晴しい知識を得ることができました。”
Vitorio S., Quality保険のディレクター, Avcorp産業 (カナダ)

“課題の簡潔な説明、熱意と親しみやすさを持ったジョナサン・マン博士。”
Andrew P., コンサルタント, Maxiom Consulting Group (アメリカ合衆国)

“ジョナタン博士の課題に対する知識と熱意と応用が可能な現実的な例証を提供する能力はすごいです。”
Kristi N., シニアIT プロジェクト・マネージャー, APL Limited (アメリカ合衆国)

“マン博士の知識は、素晴しく、博士の熱意は強く、自分も励まされました。テーマはとても興味深かったです。”
Brian S., プロジェクト・マネージャーと財務分析家, Wells Fargo (アメリカ合衆国)

弊社では、リスク分析とリアルオプション分析に関する様々なハンズオン・トレーニングコースとセミナーを実施しており、世界的に先端に立つ専門家から学べます。よりよい学習の環境と講師と参加者に個人的な接触の機会を提供する為にクラスは少人数で構成されます。一般的にコースは、世界中の地域(今後のスケジュールには、弊社のウェブサイトで確認してください) で行われ、各参加者に最先端のコンピューターが与えられる設備の整ったセミナールームで、実施されます。



利点

弊社のセミナーを受けると次のような利点が得られます。
世界中で承認されているリスク管理(CRM)の資格認定の資格
分野の創立者から学ぼう!セミナーのメイン講師は、りすっくシミュレーターとリアルオプションSLSソフトウェアの開発者であり、リスク、評価、戦略などに関係
した課題の12冊の著者である他、金融と経済の教授であり、たくさんの多国間企業のコンサルタントであり、リスク分析とリアルオプションについての偉大な経験から世界中で知られています。
書物、トレーニングモデルと例証、ビデオ、コーススライドなどの導入教材を無料で取得できます



リスクマネージメント(CRM)資格認定の取得

Real Options Valuation, Incは、国際専門特殊教育と研究学会(IIPER) によってグローバル的に認証されているプロバイダーであり、CRM IIPER資格認定コースの実施が認められています。弊社の4日間セミナー、そして最終日に試験を合格すると、参加者はCRM の資格が取得できます。Real Options Valuation, Inc. は、CRMの資格を認定できる世界で3つの組織のうちの1つです。

弊社と他社のセミナーをどのように比較しますか?驚くことに弊社の4日間トレーニング・セミナーは、他社が実施するシミュレーション・コースより低価格であり、トレーニングの終了後、参加者は、他で得ることができないCRM-IIPERの資格認定を取得します。リスク分析の実践的な応用を学ぶだけでなく、これらのアプリケーションの理論的な部分も学べます。また、トレーニングは、Real Options Valuation, Inc.の創立者とCEOであり、CRM-IIPERが指定したトレーナーのジョナサン・マン博士が講師となります。マン博士は、教授であり、リスク分析の世界で最も認識されている専門家であり、リスク、評価、戦略などに関係した課題の12冊の著者である他、リスク・シミュレーターやリアルオプションSLSソフトウェアの開発者でもあります。このような特徴と、他社の2年以下の経験しか得ていない卒業したての大学生や、リスク分析の理論とアプリケーションについての十分な知識を持っていない一般的なMBAからトレーニングを受ける事と比較してみてください。



利点

弊社のセミナーを受けると次の記述されている主な利点が得られます。
マネージメント、あるいはCRM (IIPER)資格認定 の取得 .
本当の分野の専門家から学ぶことができ、最良の資格、専門知識と経験が保障されます。
分野の創立者から学ぼう!セミナーのメイン講師は、りすっくシミュレーターとリアルオプションSLSソフトウェアの開発者であり、リスク、評価、戦略などに関係した課題の12冊の著者である他、金融と経済の教授であり、たくさんの多国間企業のコンサルタントであり、リスク分析とリアルオプションについての偉大な経験から世界中で知られています。
書物、トレーニングモデルと例証、ビデオ、コーススライドなどの導入教材を無料で提供

CRM-IIPER プログラムへの最小必要条件は、大学を卒業、または、その同等とファイナンシャル分析の2年の経験、基本的なExcelモデリングの知識は、必要条件ではありませんが、あれば尚更いいです。

IIPER 認定とCRM (IIPER) 世界的な承認

国際専門特殊教育と研究学会(The International Institute of Professional Education and Research (IIPER))は、グローバル・インスティチュートであり、アメリカ、スイス、香港、メキシコ、ポルトガル、シンガポール、ナイジェリア、マレーシアなどの世界中に事務所や協定を持っています。 CRM-IIPER の資格認定書は、国内認証会議(National Certification Commission)によって認定されており、IIPER は、一流のマネージメント教育に関する協会であるAACSB(Association for the Advancement of Collegiate Schools of Business)のメンバーでもあります。 AACSBは、 米国の文部省によって認定された 米国でも 最も大きい認可機関の一つで、500以上ものビジネス学校を世界中にメンバーとして設けています。その後、IIPERのセミナーは、プロジェクト・マネジメント・インスティチュート(PMI)によって認定され、参加者は、コースを終了した上で、30の専門的開発ユニット (PDU)を得る事が出来ます。 IIPERの 国際基準審議会は、 Lehigh University (ペンシルバニア)、 University of Applied Sciences (スイス)、 海軍大学院 (カリフォルニア)、 University of Missouri (カンサス・シティ)等の 様々な大学の教授が所属しています。また、IIPERは、グローバル的に様々な研究機関と戦略的な連合や連携を行っています。



リスク分析セミナー

リスク分析セミナーは、2日間にわたって実施され、リスクシミュレーターを使用するコンピューターに基づいたハンズオン・コースで次の科目を学びます。
モンテカルロシミュレーション(リスク、リスクに基づいたシミュレーション、リスクの定量化、ノンパラメトリック・ブーとストラップ・シミュレーション、相関シミュレーション、切断、分布適合、シミュレーション結果の解釈に適応された統計、仮説検定、データーの抽出と分析、多次元シミュレーション、落とし穴と買収監督の実行)
ストキャスティック予測法(時系列予測法、計量経済学モデリング、GARCH ボラティリティモデル、多変量回帰、非線形外押法、ストキャスティック過程予測法、Box-Jenkins ARIMA、J-S 曲線、マルコフ連鎖、データーなしでの予測法)
最適化法(連続と離散整数決定判断の最適化上の線形最適化法、ポートフォリオ最適化法と決定判断分析技法)
決定判断分析(成功の重要要素の分析、データー診断、統計分析、感度分析、多重共線性、分散不均一性、計量経済学モデリング、高度な予測法ツール)
リアルオプション(リアルオプション・アプリケーションの例証とビジネスケースのサンプル、リアルオプションの基本の理解)

上級管理職員向けのリアルオプション

このセミナーは、一日で実施され、上級者管理職員、マネージャーと決定判断者向けで、次の科目を学びます。
リスク分析とリアルオプション分析の上級レベルからの観点
多国籍企業の現実のビジネスケースとアプリケーションのサンプル
戦略オプションのフレーミング問題
戦略リアルオプションでの正しい質問と買収監査の答え方
リアルオプション結果の解釈の仕方の理解

分析家向けのリアルオプション

この2日間にわたって実施されるコンピューターに基づいたハンズ・オンコースは、リアルオプション超格子ソルバー・ソフトウェア(SLS)を使用し、次の科目を学びます。
リアルオプションへの導入: 何、どこ、誰、いつ、どうやって、どうして?
リアルオプション分析での応用されたビジネスケースのサンプル
様々なオプション評価技法の概要: 閉形式モデル、偏微分式と2項式格子
リスク・ニューラル確立技法の適応、ヨーロピアン、アメリカンとバミューダンオプションの他に放棄、拡張、主口調と選択肢オプションのモデリングと5種類の異なったボラティリティの推測技法の使用
様々なSLSモジュールとボラティリティ計算の概要
入力を変更したオプションとカスタム化されたエキゾチックオプションの解決、複雑な多重段階の連続的混合オプション、平均回帰オプション、跳躍拡散オプションと3項式、4項式と5項式格子を使用した2重資産レインボーオプション
リアルオプションのフレーミング—問題の構成

ストックオプション評価のセミナー

この一日で実施されるハンズオン・セミナーのターゲットは、次の通りです。
ブラック・ショールズ 対 FASBが勧める2項式格子モデルから得られる様々な評価結果の理解について 新しい意FAS第123号の必要条件作成の為にFASBによって使用されたストックオプション・ツールキット・ソフトウェアを使用して改訂された2004年のFAS第123号の基のストックオプションの評価手法。

カスタム化されたオンサイト・セミナー

弊社のどのセミナーもお客様の企業用にカスタム化し、オンサイト・デリバリーすることができます。利点として、お客様の企業のニーズにあった特別な項目、産業と短期の必要条件にあった特別なビジネスケース・アプリケーションとどんな機密のデーター、モデル、または、戦略についてもオープンに討論できる信頼性が挙げられます(お互いの守秘契約の合意が必要)。

インストラクターの専門知識について

ジョナサン・マン博士は、ソフトウェアの製作者であり、リスク分析、分析の為のリアルオプション、管理者の為のリスク分析等のコースを教えています。博士は、フォーチュンに掲載される500社のいくつかの企業のリスク分析、評価とリアルオプションに関するコンサルティングを手掛け、この論題についての様々な本を書き上げました。Real Options Analysis: Tools and Techniques, 2nd Edition (Wiley Finance, 2005); Real Options Analysis Course: Business Cases (Wiley Finance, 2003); Applied Risk Analysis: Moving Beyond Uncertainty in Business (Wiley, 2003); Valuing Employee Stock Options Under 2004 FAS 123 (Wiley, 2004); Modeling Risk: Applying Monte Carlo Simulation, Real Options Analysis, Forecasting and Optimization (Wiley, 2006)など他。マン博士は、Real Options Valuation,Inc. の創立者とCEOであり、 分析のソフトウェア製品の開発や コンサルティングとトレーニングサービスの発展の責任者でもあります。マン博士は、Decisioneering,Inc.(Oracle)で分析者の副総長を勤め、KPMGのGlobal Financial Strategiesでは、コンサルティングマネージャーも 勤めました。マン博士は、アメリカの海軍大学院学校の教授でもある他、応用科学大学と マネージメントのスイス学校 (Zurich とFrankfurt)でも教授を務めているのにも関わらず、他の大学でも付属教科の教授を行っていました。マン博士は、金融と経済学でPh.D.を、ビジネス管理では、MBAをマネージメント科学のエリアでは、M.S.を、そして応用科学ではBS を取得しています。マン博士は、ファイナンシャル リスク マネージメント(FRM)、ファイナンシャル コンサルティング(CFC)と リスク マネージメント (CRM)の証明書を取得しています。マン博士は、現在カリフォルニアに滞在しています。